季節 生活、暮らし

ハチミツ、実際太るのか、驚きの成分を調査!効能効果や喉への影響とは!

投稿日:

甘いハチミツ、美味しいですよね。ハチミツは美容にも健康管理にも役立つことがわかっています。甘いので砂糖の代わりにすることでダイエットに効果があると思いましたので、ハチミツの成分についても調べてみることにしました。

ハチミツの成分が粘膜に良い影響を与えるとされています。まろやかで優しい味のハチミツの効能効果や喉への影響をお伝えしたいと思います。

ハチミツ、太るのか?砂糖との違い!

ハチミツ

ハチミツはご存知のようにミツバチが花の蜜から集めた天然の甘味料です。健康食品のハチミツですが、甘いのに太らないならダイエットの強い味方になるはずです。ハチミツの成分と、太らない理由を調べました。

ハチミツと砂糖の成分の違い

まずはハチミツと砂糖の違いを比べてみましょう。

  • ハチミツ…果糖35%、ブドウ糖38%、その他ビタミン・ミネラルなど100g当たり294kcal。
  • 砂糖…果糖とブドウ糖が結合した「ショ糖」、100g当たり384kcal。

カロリーは砂糖の方がハチミツよりも若干高いですね。甘さだと、ハチミツの方が強いといわれています。砂糖大さじ1杯(15ml、9g)に対してハチミツは小さじ1杯(5ml、7g)とほぼ同じ甘さになるといわれています。この量だと砂糖は35kcal、ハチミツは21kcalです。

料理や飲み物に毎日入れるとなるとカロリーの差が広がっていくのがわかりますね。カロリーの差にハチミツの太りにくい理由があったみたいです。

カロリーの他にも、ハチミツには太らない理由があった!

ハチミツにはカロリーが低いという理由の他にも、脂肪をつきにくくするという実験結果があったといいます。その実験というのは、京都産業大学が行った糖尿病のマウスにハチミツ、ブドウ糖、ショ糖をそれぞれ与え続けるというもの。

糖尿病のマウスが血糖値や体重の変化や増加があるか、またその要因を調べたところ、ハチミツを与え続けた糖尿病のマウスだけが体重や脂肪の増加が緩やかだったというのです。さらに血糖値の上昇の仕方も緩やかだったので血中遊離脂肪酸の減少の見られたのだそうです。

血糖値を急上昇させないということは、脂肪を体内に取り込む膵臓からのホルモンのインスリンの分泌を抑えられるので、身体に脂肪がつきにくくなるということです。

これらの結果を踏まえて、原因を調べるためにハチミツ、砂糖、ブドウ糖など糖におけるAMPKのリン酸化が比較されたそうです。「AMPK」とは、アデノシン三リン酸(ATP)を分解するたんぱく質リン酸化酵素で、リン酸化による糖や脂肪の分解を進め、エネルギーを出す働きがあるそうです。AMPKのリン酸化が進むということは運動するのと同じ状態になるということ。血糖値の上昇や脂肪の合成を抑える効果もあるということです。

ハチミツは他の糖分に比べてAMPKのリン酸化が増加しやすく消費エネルギーが増加されるので、血糖値の上昇を抑えて血中遊離脂肪酸を減少させることによって脂肪がつきにくくなり体重の増加を防ぎやすいをいうことがわかったのだそうです。

しかし、ほかの糖分と比べて脂肪や体重の増加を防ぐということですので、ハチミツを食べていれば太らないということではないので勘違いはなさらないように!

ハチミツが与える効能効果や喉への影響も調べてみた!

ハチミツ湯

のどがイガイガするとき、私はハチミツを湯に溶かしただけの「ハチミツ湯」を飲みたくなります。のど飴にもハチミツが使われているものが多いですよね。ハチミツ100%の飴もあるくらい、ハチミツには荒れたのどへの効果がありそうです。

実際にハチミツがのどに与える影響を調べてみたところ、咳の頻度や重症度が軽減されることがわかっているそうです。まろやかな甘さですので癒されますよね。

のどが痛い時は、ハチミツコーヒーも効果が期待できるのだとか。ハチミツは植物の花の蜜なのでもともと抗菌作用や抗炎症作用があります。コーヒーにも抗菌作用がありポリフェノールの豊富。ハチミツコーヒーを飲むことによって相乗効果が望めるのですね。

ハチミツのブドウ糖から作られるグルコン酸は、腸内環境を整える働きもあるそう。そしてさらに、ハチミツの主成分であるブドウ糖、果糖は単糖類と呼ばれています。この単糖類は消化吸収がよく、脳への直接の栄養となります。このことで素早い疲労回復への効果に期待できるのですね!レモンのハチミツ漬けは運動後にイメージですが、ハチミツの単糖類とレモンのクエン酸の相乗効果で疲労回復の理にかなっているのですね!

ただ、ハチミツが身体にいいといってもボツリヌス菌の感染を防ぐため、乳幼児へ与えるのはやめましょう。それにハチミツだけではのどの痛みが軽減されても完全には治りません。症状がひどくなる前に医療機関の指示に従いましょう。

まとめ

  • ハチミツは砂糖よりもカロリーが低く、少ない量で同じ甘さ!
  • ハチミツは太るのかというより、他の糖類よりもAMPKのリン酸化の進行が早いために脂肪や体重の増加が緩やかになるということがわかった。
  • のどが痛い時にはハチミツコーヒーがおすすめ!
  • ハチミツの抗菌作用、抗炎症作用に期待!

ハチミツのことを調べてみましたが、まだまだ隠れたパワーがありそうです。自然の力を借りて、健康になりたいですね!

-季節, 生活、暮らし
-,

Copyright© mintsiesta , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.