スキンケア 健康 季節 生活、暮らし 美容

日焼けを治すのは意外なあの食べ物!ヒリヒリ痛い皮むけを早く治すには!

投稿日:

じりじりと日差しが強く、暑い日が続きますね。日焼けを気にして予防するのは大事ですが、それでも少なからず日焼けはしてしまします。

そこで、日焼けを治す為に毎日の食事で夏のダメージ回復を図りましょう!日焼けの回復に食べた方がいい食べ物も紹介しますね!

日焼けはヒリヒリしますね、痛かったり痒かったり不快感もあります。皮むけを早く治す為にしてはいけないことをお伝えします。間違った日焼けの治し方をしない様に、参考にしてみてくださいね!

日焼けを治す為にどうしたらいい?あの食べ物がぴったり!

日焼け

夏になると、日焼けをしたい人・したくない人に分かれますが、私は絶対後者!日焼けはしたくありません!…でも、普通の生活をしているだけでも日焼けはしてしまうんですよね。

帽子や日傘で紫外線を防いだり日焼け止めをこまめに塗ったりと、日焼けを予防するのは基本ですが、皮膚を外側から守るのにも限界があります。

日焼けを治すために体内から紫外線に効果的な食べ物をしっかりと摂取することが必要になります。

夏場に必要な栄養素を含む食べ物は?

体力が落ちやすい夏場には、ビタミンACE(エース)と呼ばれる3つの成分をきちんと摂取することが大事です。

主に野菜や果物に含まれているビタミンACEは、普段の食事にバランスよく取り入れることで、肌の回復に役立ち、シミやシワも予防にもつながります。

ビタミンAは脂溶性ビタミン。抗酸化力はもちろん、皮膚や粘膜の健康に役立ちます。肌にうるおいやハリを与えてくれる、天然の美容液のような働きがあります。免疫の強化やアンチエイジングにも期待されています。

ビタミンCはシミの原因であるメラニンの生成を抑制、水溶性のビタミンです。肌にうるおいと弾力をもたらすコラーゲンの生成を促進します。

ビタミンCはシミの原因のメラニンの生成も抑制、紫外線によって黒くなったメラニンを白くする美白効果も期待されます。

ビタミンEも脂溶性ビタミン。血行を良くし、代謝を高めて皮膚が再生するのを助けます。肌の生まれ変わりのターンオーバーを促し、メラニンの排出をスムーズにするのでシミやそばかすを防ぐことが出来ます。

こんなに肌に嬉しい、「ビタミンACE」を含む食べ物を紹介しましょう!

  • ビタミンA…ニンジン、ホウレンソウ、カボチャ、ウナギ、卵など
  • ビタミンC…オレンジ、レモン、イチゴ、小松菜、ブロッコリー、キウイ、パプリカなど
  • ビタミンE…玄米、発芽米、豆類、アボガド、アーモンド、ごまなど

アーモンド

ビタミンCとビタミンEは、お互いに補完しながら紫外線によって生成される活性酸素を消去させる相乗効果があります。

日焼け後の肌の回復にリコピンやカロテンも!

紫外線によって発生してしまう活性酸素を取り除くのに、リコピンも効果的!リコピンはトマトやプチトマトに多く含まれる赤い色素で、抗酸化成分。リコピンは、日焼け防止にも日焼け後の肌の回復にも役立ちます。

ニンジンに含まれる、βカロテンは美肌に効果的な栄養素として知られていますが、αカロテンも紫外線をブロックするのに強力なパワーがあると、最近の研究で分かってきたそうです!

ニンジンのβカロテンはカロテノイドという色素の一種で体内でビタミンAに変化します。

ニンジンはオイルと一緒に食べるとカロテンの吸収がアップします。私はニンジンを千切りにして、すりごまとごま油とポン酢で和えてナムル風にして食べるのが好きです。ごま油を抗酸化作用の高いエクストラバージンオイルに変えるのもいいかも!

沖縄でよく食べられる「ニンジンしりしり」にして卵とニンジンを一緒に炒めて食べるのも、日焼け後の肌のダメージ回復にはちょうどいいレシピかも知れませんね!

日焼けを予防する!豆知識!

出来れば日焼けをしたくない方に、お伝えしたい事実があります!日焼けしやすい食べ物もあるんですよ!!紫外線に反応し感受性を高め、日焼けを促進してしまう「ソラレン」という成分が含まれている食べ物です。

ソラレンが含まれている代表的な食べ物は柑橘系のフルーツ!ミカンやオレンジ、グレープフルーツ、レモンなど身近な柑橘系…酸味のある食べ物にソラレンは含まれているのだそう。

柑橘系

柑橘系の他には、イチジク、キュウリ、パセリ、三つ葉、セロリ、セリ、シソ、春菊、明日葉などです。

日焼けをしやすいソラレンの摂取量は一日にどれだけなのかは具体的に数値化されていないようですので、大量に食べ過ぎなければ、朝食に柑橘系のフルーツを食べても大丈夫です。

摂取した栄養が体内にいきわたるには約2時間かかるといわれています。そしてその作用は約6時間続く様です。

ソラレンが含まれている食べ物を食べてはいけないということではなく、体内への影響を逆算して紫外線を浴びない時間に食べるのには問題が無いそう。夜に食べる方が安心ですね!

紫外線は目からも!

実は紫外線は目からも入ってきているんです!日本人の瞳は暗いブラウンですが、白人の瞳はグリーンだったりブルーだったり、色素が薄いですよね!

サングラスをするのは、太陽が眩しかったりおしゃれのアイテムだったりというわけではなく、日焼け防止にもなっていたのです。

目から入った紫外線で肌の日焼けが起きるのは、紫外線を感知した身体の防衛反応でメラニンを生成してしまうからだといいます。

目からの紫外線は、肌を日焼けさせるだけではなく、目自体にも悪影響があります。紫外線を浴び続けてしまうと、目がしょぼしょぼしたり、痛かったり、痒かったり、涙が止まらなかったりという症状が起きます。

これは、目が炎症を起こしている証拠。ひどくならない為に、こまめに目薬を差したりサングラスかけて紫外線を浴びるのを最小限にしましょう。

ドライアイの方は涙の量が少なく目に影響が出やすいので、普段から意識してまばたきを多くしたり目薬を差すようにしましょう。

日焼けで起きる皮むけ…早く治す為にしてはいけないこと!

サングラス

日焼けした肌、してはいけないこと

日焼けはじりじりと太陽に照らされて出来た、低温ヤケドです。ヤケドで皮膚が死んでしまい、皮むけが起きるのです。

日焼けで出来た皮むけは絶対に無理やり剥がしてはいけません!新陳代謝が間に合っていない場合、皮膚が薄いので自然に皮膚が剥がれ落ちてくるのを待っていた方が良いのです。

しかし、お風呂に入ったり身体を洗うときはどうしてもこすってしまいますね。最小限の力で身体を洗うように、石鹸の泡を手のひらで優しく滑らせるように洗うことをおすすめします。

皮膚が新しく生まれ変わるターンオーバーは、個人差がありますが約28日周期。日焼けで新陳代謝が早まるということは、ターンオーバーが早くなっているということ!まだ皮膚がデリケートなんです。

ぺりぺりと剥がすのは楽しいですが、無理に引っ張って皮膚が傷つかない様にしましょう。新しい皮膚が出来るときはどうしても痒いので爪で掻いてしまいがちですが、傷やシミにならない様に、冷やしたタオルなどで軽く抑えるようにしましょう。

冷たすぎるアイスノンや氷をダイレクトに皮膚に乗せるのは刺激が強すぎるので避けてくださいね。

くちびるの日焼けにも注意!

いつもツヤツヤプルプルのくちびるに憧れますよね!でも、だからと言ってリップクリームが何でもいいとは限りません。

特に紫外線が気になる季節にはUV効果のあるリップクリームを選んでくださいね、UV効果がないとオイルを塗っていることになるので、くちびるが日焼けして皮むけが起こります!

…これは私が経験したこと。夏場、いつもリップクリームを塗っているのにくちびるがカサカサだったんですね。

おかしいなと思って、ちゃんと調べてUV効果のあるリップクリームに変えたら、くちびるの皮むけは早く治すことが出来ました。

肌もくちびるも日焼けをしてしまったら、紫外線をなるべく浴びずにしばらくは休ませてあげましょう。そして適切なケアをして、バランスの良い食事をとって、疲れやすい夏を乗り切りましょう!

まとめ

  • 日焼け防止も日焼け後のアウターケアも、「ビタミンACE」を含む食べ物をバランスよく摂取しよう!
  • 日焼けをしたくないなら柑橘系など「ソラレン」を含む食べ物は外出前には食べないこと!
  • 日焼けの皮むけは無理に引っ張らないこと!痒い時は冷やす!

紫外線が強いのは夏場ですが、太陽が出ている限り年中紫外線を浴びていることになります。日焼けのひどい時は特別ケアも必要ですが、普段から食べ物も意識していきたいですね!

-スキンケア, 健康, 季節, 生活、暮らし, 美容
-, ,

Copyright© mintsiesta , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.