グルメ 健康 生活、暮らし 美容

デーツの驚愕の効果効能、糖尿病に!1日何粒が適度なのか!

投稿日:

デーツというドライフルーツを知っていますか?黒糖やキャラメルにも似た甘さで、砂糖を使わないお菓子作りや料理に利用されることで注目されています。

デーツは、日本では馴染みが浅いように思いますが、効果効能が素晴らしいドライフルーツだったのです!糖尿病にも効果があるのではないかという情報もありますので調べてみました!

栄養価の高いデーツですが、食べ過ぎてしまったら逆効果です。一日何粒のデーツを食べるのがちょうどいいのか、お伝えしようと思います。

デーツのすごい効果効能、ドライフルーツが糖尿病に効果あり!?

デーツとは、ナツメヤシの実。ナツメヤシは紀元前7千年ころには食用として栽培されていたそうなので歴史が古い食べ物なんですね。

甘味が強いデーツは、生の果汁を煮詰めたシロップの市販されていますが、日本ではドライフルーツにしたものを目にすることが多いのではないでしょうか。

デーツの味は例えるなら黒糖のような干し柿のようなキャラメルのような、ねっとりとした甘みが特徴。ドライフルーツなので噛み応えがあるおやつとしてそのまま食べるか、スイーツの材料などにも使われることが多いですね。

日本では馴染みが薄いかもしれないデーツですが、甘さが強く糖度が高いのにも関わらず血糖値を上げにくいそう。

血糖値を上げにくい食品なので、糖尿病にも効果があるのではないかといわれているんですね。デーツは健康食材としても注目されています。

デーツの栄養は?

ドライデーツには植物の栄養が濃縮されています。では、デーツの栄養価と効果効能を見てみましょう!

食物繊維

デーツには100g中、7gもの食物繊維が含まれています。この量はレーズンの約1.7倍!食物繊維は腸内環境を整えます。デーツには特に不溶性食物繊維の割合が多めです。不溶性食物繊維は悪玉コレステロールが増えるのを抑えます。

マグネシウム

体内の様々な酵素の働きを助けるマグネシウムがデーツには豊富に含まれています。デーツ100g中60㎎のマグネシウムはプルーンの約1.5倍、レーズンの約2倍なんです!

カルシウム

骨や歯を丈夫にしたり、イライラを抑え精神的な落ち着きをもたらしたり、カルシウムはやっぱり必要!デーツには100g中、71㎎含有。プルーンの1.8倍ものカルシウムが含まれています。

デーツの効果効能がステキ!

デーツが健康にいいと、注目されています。食べられてきた歴史が古いフルーツなのに、デーツにはまだまだ未知の部分があるといいます。デーツの効果効能をお伝えします。

1.抗酸化効果

デーツには体内の細胞が酸化していくのを防ぐ抗酸化作用があります。主な抗酸化物質は糖尿病やアルツハイマー病などに効果が期待されているフラボノイドや心臓病にかかるリスクを低減させるというカロテノイドなど。他にも複数の抗酸化物質を含んでいるといいます。

ポリフェノール濃度がドライフルーツの中でも最も高いとされているデーツ。抗酸化作用は生活習慣病の予防効果やアンチエイジング効果に美肌効果などにも期待できそうですね!

2.アルツハイマー病に効果を期待

アルツハイマー病などの脳疾患を引き起こす要因であると考えられている、アミノロイドβタンパク質の脳への沈着。デーツにはアミノロイドβタンパク質の活性化を低下させる効果があるといいます。

他にも、デーツには脳内の炎症を低減させるとか。今後はヒトを対象とした実験によるデーツのアルツハイマー病予防効果の実証がなされることを期待されています。

3.便通改善

食物繊維が豊富なデーツ。食物繊維は腸内環境を整え、便秘改善に効果があるとされています。腸内環境が整うと、美肌や代謝の活性にもつながります。

ただし、便秘がひどい方は食物繊維を摂取しすぎると、便秘には逆効果だということもありますので、掛かり付けの病院へ相談することをおすすめします。

4.生活習慣病予防

食後の血糖値の上昇がしやすいかを示す指標であるGI値。デーツはGI値が低く、食後の血糖値が急上昇しない食材として知られています。

甘味が強い食材なのにGI値が低いのは珍しい!砂糖の代わりにデーツを使うとGI値を抑えることが可能です。血糖値の急上昇は糖尿病や肥満、心筋梗塞などの生活習慣病の元だといいます。

GI値の高い食材をデーツに置き換えることで生活習慣病の予防につながるとして、注目されています。

デーツのカロリーは?1日何粒食べたらいい?

ヘルシーな甘味のドライフルーツのデーツですが、カロリーは100g中266kcal!カロリーも糖質も生のフルーツと比べたら高めです。

  • ドライデーツ(100g)…266kcal、糖質64.3g
  • ドライプルーン(100g)…235kcal、糖質55.2g
  • ドライレーズン(100g)…300kcal、糖質76.2g
  • 生のブドウ(100g)…59kcal、糖質15.2g
  • どら焼き(100g)…284kcal、糖質55.6g

デーツはどら焼きに近いカロリーと糖質ですね。どら焼きよりは血糖値が上がりにくいですが、デーツを食べ過ぎるのは問題です。

標準的な成人の一日の糖類摂取量は一日25gとされていますが、デーツは一粒12.86g。他の食品からも糖類を摂取することを考えると、デーツは一日何粒壁てもいいかというと…一粒しか食べてはいけないことになりますね。

糖類が多いデーツは、エネルギーに変わりやすい朝か昼に食べると良いでしょう。デーツにはマグネシウム、カルシウム、亜鉛、リン、ビタミンB2などのミネラルも豊富!

そしてデーツは妊娠中にもおすすめなドライフルーツ!栄養豊富なデーツを効果的に取り入れたいですね!

まとめ

  • デーツは栄養価が豊富!抗酸化効果、アルツハイマー病予防、便秘改善などの効果効能が!
  • デーツはGI値の低い食材なので、糖尿病などの生活習慣病に効果効能あり!
  • デーツは一日何粒か、糖質を考えると一日一粒!

デーツは栄養価が高いので、多くは食べることが出来ないドライフルーツですが、効果効能がたくさんありました!健康効果や美容効果のために、デーツを習慣化させたいですね。

-グルメ, 健康, 生活、暮らし, 美容
-, ,

Copyright© mintsiesta , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.