グルメ スキンケア ダイエット 健康 生活、暮らし 美容

パセリの冷凍する利点と驚きの栄養価とは! 栄養と食べ過ぎのデメリット!

投稿日:

パセリといえば、洋食の付け合わせや色合いのための飾りとしか思っていませんか?実は私もそう思っていました。しかし、調べてみるほどにパセリの野菜としての奥深さが気になりだしてしまいました!

パセリの保存方法に冷凍があります。冷凍するとパセリがどうなるのか、栄養価も気になりますね!一度に食べる量が少ないパセリは栄養がどのくらいあるのでしょうか?また、パセリを食べ過ぎてしまった時のデメリットについてもお伝えしようと思います!

パセリは冷凍するとどうなる!?意外過ぎる栄養価!

パセリ

鮮やかな緑色が欲しい時、洋食ならパセリを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。でもパセリって飾りだけで、結局食べずに残してしまうイメージがあります。そもそもパセリは食べていいのかも疑問…とにかく主役になることがほとんどないパセリですが、今回は主役級の情報が見つかる予感がしています!!

なぜ私がパセリに注目しているのかというと、アンチエイジングに効果があるかも知れないという情報を得たからです!いつまでも若く、溌剌(はつらつ)でいたい女性にとってアンチエイジングは永遠のテーマですよね!

アンチエイジング効果が期待できるパセリの効能は、その栄養価にあります。実は栄養豊富なパセリ。パセリ(100g中)に含まれているものはこちら。

  • βカロチン…7400μg
  • ビタミンB1…0.12㎎
  • ビタミンB2 …0.24㎎
  • ビタミンC…120㎎
  • カルシウム…290㎎
  • カリウム…1000㎎
  • 鉄…7.5㎎
  • 葉酸…220μg
  • カロリー…44kcal

パセリだけだと栄養価の想像がしにくいので、他の野菜と比べてみましょう。

  1. βカロチン パセリ7400μg、ニンジン9000μg
  2. ビタミンC パセリ120㎎、レモン100㎎
  3. 鉄 パセリ7.5㎎、ホウレンソウ2㎎

βカロチンは抗酸化作用がありますね。抗酸化作用は体内の活性酸素の働きを抑制しますので、活性酸素が細胞を傷つけることを抑制しますので、アンチエイジングにつながるんですね!

酸っぱくないのにパセリってビタミンCが豊富なんですね!ビタミンCは体の組織を修復させる働きがありますので、お肌にいいのです。鉄の含有量も素晴らしいです!鉄分不足は疲れた印象を持たれてしまい、イライラの原因にも。

パセリの栄養を見るとアンチエイジングのために習慣付けて食べたいハーブの一つです。ただ、パセリってそんなにたくさん食べないですよね…。

ブームになったパクチーも香草だけどサラダみたいに食べることもありますよね。パセリはあまり瑞々しくないのでサラダとして食べるのにも抵抗が…。

意外においしく食べられる方法のご紹介。パセリはセリの仲間ですので、茹でておひたしにするのもアリなんです。パセリの独特な苦みも熱を通すことで気にならなくなりますよ。

パセリのおひたし

パセリを大量に購入したと時、食べ切れなかったときは冷凍して保存するのがおすすめです。

パセリを冷凍するコツ!

パセリを冷凍するときのコツは2つ!パセリを洗った後、水分を出来るだけ切りましょう。もう一つはパセリの葉の部分と茎の部分を分けて葉の部分のみ冷凍しましょう。

このコツを踏まえて冷凍すると、パセリが冷凍によって乾燥され、軽くたたいたり握ったりするだけでパラパラになります。パラパラになったパセリは料理に使いやすいですよ!パラパラにするために水分はしっかり切りましょう。

冷凍したパセリは3週間を目安に食べきりましょう。解凍、冷凍を繰り返すのも鮮度を落としてしまう原因になりますので気を付けましょう。

簡単!パセリアレンジ!

パセリの冷凍

冷凍してパラパラになったパセリを使って簡単な料理にアレンジしてみましょう。

  • パセリバター…適量の溶かしたバターに冷凍パセリを混ぜて冷やし固めるだけ。バターが固まってから1回分に切って小分けしておくとサッと料理に使用できます。パセリバタートーストがおすすめ。
  • パセリパン粉…揚げ物をするときに冷凍パセリを混ぜるだけ。ちょっと高級感が出てリッチな気分に。

パセリバターはイタリアンによく合います!パスタやピザに合うのはもちろんのこと、ニンニクとの相性も抜群ですよ。お好みのパセリの量で試してみてくださいね。

パセリの栄養に注目!でも食べ過ぎてはいけない理由も!

パセリの緑色はクロロフィル。クロロフィルは血中の悪玉コレステロールを軽減する働きがあり、血液をサラサラにしてくれます。

そしてパセリの独特なあの香り、アピオールという精油成分で口臭予防や食欲増進、疲労回復、食中毒予防や月経不順を改善する効果も期待できるそう。

料理にもアレンジしやすいですし、体にも良さそうな栄養価のパセリなのですが、食べ過ぎには危険も伴うとか…。パセリの様なハーブは過剰摂取してしまうと余計に害を及ぼしてしまったり、特定の症状の方には健康を害してしまうことも考えられますので、注意が必要です。

パセリの食べ過ぎが危険な理由

パセリの効能の一つである、香りの成分「アピオール」。このアピオールは適量の摂取であれば人体に良い効果をもたらしてくれるのですが、実は刺激物なんです。アピオールの過剰摂取と継続してしまうと、消化器官をはじめ内臓器官に負担がかかりすぎてしまい、影響が。

強い吐き気を引き起こしてしまったり、精油を分解する肝臓や腎臓に負荷が。内臓、肝臓、腎臓に持病がある方はパセリの過剰摂取は危険なものとして認識した方が良いでしょう。

パセリの過剰摂取はどのくらいの量のことをいうかというと、一度の量をして200gほど。毎日買ってきたパセリを丸ごと食べるわけでもなければ心配はいらないと思います。

パセリの効能が逆効果の方もいます。それは妊婦さん。パセリは妊娠を止めるために使っていた歴史があるからです。比較的ではありますが安全な妊娠中絶を行うときにも使用していたそうです。

パセリに含まれるアピオールが月経不順に適量なら効果をもたらすものなのですが、子宮に強い刺激を与える成分であるとされています。ですので、妊娠中の方はアピオールが含ませるパセリやセロリを毎日食べるということは避けておいた方が良いかと思います。

もちろん、常識の範囲内でパセリを食べることは健康に良い効果をもたらすでしょう。ハーブなどの香りが強い植物の過剰摂取はなるべく控えた方がよさそうですね。

まとめ

  • パセリはβカロチン、ビタミンC、鉄など栄養が豊富!
  • パセリは冷凍するとパラパラになり、使用しやすくなる!
  • パセリに含まれるアピオールは刺激物なので食べ過ぎてはいけない。
  • パセリは妊娠中は食べ過ぎないように注意!

付け合わせ程度にしか思っていなかったパセリですが、栄養価の高さと食べやすさを感じることが出来ました。ただ、食べ過ぎによるアピオールの過剰摂取には注意が必要ですね!

もし、持病などをお持ちの方でパセリの食べ方が気になる様でしたら、かかりつけのお医者様にご相談ください。楽しく、美味しくパセリを頂きましょう!

-グルメ, スキンケア, ダイエット, 健康, 生活、暮らし, 美容
-, ,

Copyright© mintsiesta , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.