生活、暮らし

フランスパンの美味しすぎるアレンジ、グラタンも!冷凍してもおいしい食べ方!

投稿日:

小麦の香ばしい香りがするフランスパン!大好きなパンです。フランスパンの簡単なグラタンアレンジを紹介!

フランスパンはやっぱり焼き立てが一番おいしいのですが、どうしても残ってしまったり、食べきれなかったときは冷凍保存が一番です。冷凍してもおいしい食べ方を紹介します!

フランスパンのアレンジレシピ、手の込んだグラタンも!

フランスパン

朝はご飯派、パン派、に分かると思いますが、フランスパンは朝食だとオシャレじゃないですか?食パンに比べたらフランスパンは購入の機会が少ないかも知れませんが、実はアレンジがたくさんあって食べやすいパンなんです!

フランスパンには砂糖が使われていませんので、食パンによりもカロリーが抑えられますし、和風にも洋風にもおやつとしてもアレンジの幅があります。フランスパンってラスクぐらいしか買わないって方も必見ですよ!

簡単カフェ風!フランスパンを使ったグラタン皿

フランスパンのグラタンレシピ

http://blog.livedoor.jp/

  • 材料(2人分)・・・フランスパン100g、バター20g、ベーコン2枚、チーズ適量、卵2個、ホワイトソース適量(200gくらい)

①フライパンを熱し、バターを溶かします。角切りにしたベーコン1枚分をカリカリになるまで炒めます。角切りにしたフランスパンを加えて短時間炒めます。

②①とホワイトソースを混ぜ合わせてグラタン皿へ。真ん中にくぼみを作って底にベーコンを敷き、卵を落とします。溶けるチーズを載せたら200℃に熱しておいたオーブンで10~15分。チーズにこんがりと焼き目が付いたら出来上がり。

見た目の華やかさ、フライパンで簡単に出来る手軽さで朝にぴったりですね!ブロッコリーやトマトなどの野菜を一緒に炒めてからオーブンに入れてもいいかも。簡単なのに手が込んでいるように見えるレシピ!

グラタンアレンジに活躍!ホワイトソースの作り方!

市販でもホワイトソースは手に入りますが、好みの固さでホワイトソースを作ってしまいましょう!超簡単で失敗知らずの電子レンジを使ったホワイトソースのレシピを紹介します。

  • 材料(3~4人分)・・・小麦粉 大さじ2.5、バター25g、牛乳400㏄、塩 小さじ2/3、コショウ 少々、顆粒コンソメ 小さじ1/2

①耐熱ボウルに小麦粉とバターを入れて500wの電子レンジで30秒加熱し、バターを溶かします。

②泡だて器でむらなく混ぜます。牛乳を少しずつ加えながら混ぜます。ラップはしないで電子レンジで3分加熱します。取り出してよく混ぜます。

③ラップをかけずにさらに3分加熱します。表面がボコボコと沸騰していたら取り出して、塩、コショウ、顆粒コンソメを加えて完成です!

出来立てのホワイトソースはさらさらしていますが、粗熱が取れたらドロッとしたソースになりますよ。料理によっては基本のホワイトソースに塩を足したり、牛乳を多めにしたり、アレンジしてください。

フランスパンを器に!パーティにもぴったりなパングラタン!

フランスパンのグラタンアレンジ

https://cookpad.com

  • 材料(フランスパン1/2本分)・・・卵1個、生クリーム 50㏄、牛乳50㏄、塩 小さじ 1/4、コショウ 少々、グリンピース 30g、ベーコン4枚分を細かくカット、溶けるチーズ2枚

①フランスパンも上部を切り取り、中身をくり抜きます。ベーコンを炒め、チーズ以外の材料を混ぜ合わせておく。フランスパンの上部と中身も混ぜます。

②フランスパンに②を詰めて、200°に熱しておいたオーブンで10~15分焼きます。取り出してチーズを乗せ、焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり。

炒めた玉ねぎを入れたり、ホワイトソースでもっと簡単にアレンジもできそうですね!フランスパンに材料がしみ込むので、贅沢な感じがします。洗い物も少なく済みそう。

フランスパンを冷凍保存しよう。おいしい食べ方の紹介!

フランスパン

フランスパンを最もおいしく食べるには、買って来たその日に食べること!家で焼いた日でも同じです、焼いたその日に食べるのがフランスパンを一番美味しく食べることが出来ます。

フランスパンは材料に小麦粉、塩水、酵母、モルトしか使っていませんので、劣化しやすいんです。フランスパンの劣化とは、固くなってしまうこと。固くなる前に食べてしまいたいんですが、それができない場合のフランスパンの美味しい保存方法をお伝えします。

やってはいけない!フランスパンの保存方法

フランスパンを買って来たとき、ビニール袋に入っていませんか?あるいは紙袋に入っていませんか?そのままにしておくと…美味しくなくなってしましますよ!

ビニール袋に入れたままのフランスパンは、外側のカリッとした部分がしっとりしてしまいます。もったいないです!カリッとさせるには、再度トーストする食べ方しかなくなってしまいます。フランスパンはビニールから取り出して保存しましょう。

では、紙袋で保存したフランスパンはどうでしょうか?こちらは固くなってしまいます…。料理に使うなら構わないのですが、フランスパンのカリっ、ふわっの食感を楽しみたいなら、固くならないようにラップに包んで空気に触れさせないことです。これで数日はカリっとした状態を保てるようです。ラップに包むのは、フランスパンがある程度冷めてからにしましょう。

フランスパンは絶対に冷蔵保存してはいけません!劣化が進みやすいんです!フランスパンだけではなく、パン全体、ご飯も冷蔵保存はダメ、絶対!美味しい食べ方は出来なくなってしまいます。

フランスパンを美味しく食べる保存方法は?

焼き立て以外でもフランスパンの食感を味わいたいなら、食べ方にも工夫が必要です。食べやすい大きさにカットして、霧吹きで軽く湿らせるか、濡れたふきんで包んでしばらくしたら布巾を取って軽くトーストするとフランスパンの焼き立ての食感が戻ってきます。ただ…めんどくさくないですか…?

フランスパンはその日のうちに食べきるのが一番です。しかし、フランスパンを食べきれなかった場合は、冷凍保存が適しています。太めに5㎝以上でカットすると外はカリカリ、中はフワフワな食感で食べることができます。

フランスパンを切り分けるときは専用の包丁でなくても、普段使っている包丁を火であぶってからパンを切ると、断面がキレイに切り分けられます。

切り分けたフランスパンを一つ一つラップにくるんで、フリーザーバッグに入れて空気を抜いてパン同士がくっつかないように。金属トレイの上だと熱伝導率が手伝って、急速冷凍になりますのでおすすめです。冷凍したとしても、美味しく食べたいなら1週間ほどしか賞味期限がないと思っていてください。劣化が気にならないなら、冷凍保存で1か月はもつようです。

解凍するときは常温で30分程度。ラップを取って、霧吹きでちょっと湿らせて、アルミホイルで包んでからトースターで焼くと、焼き立ての状態にかなり近づきます。ちょっと手間はかかりますけど、焼き立てを再現出来るなら、この食べ方ですね!

まとめ

  • フランスパンの簡単アレンジはグラタン!
  • ランスパンは焼き立てが美味しい!
  • フランスパンに適した保存方法は冷凍!
  • 冷凍したフランスパンの食べ方にはコツがあった!

材料がシンプルなフランスパンは、パン職人の技術が問われるといわれています。やっぱりフランスパンの焼き立ては美味しいですもんね!フランスパンのグラタンアレンジレシピも役立ててくれたら嬉しいです。

-生活、暮らし
-, ,

Copyright© mintsiesta , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.