季節 植物 生活、暮らし

ベジブロス、向かない野菜に大根はどうなのか調査!メリットデメリットも解説!

投稿日:

ベジブロスが健康・美容に効果が期待されるとしてじわじわと人気です!ベジブロスに向かない野菜に大根はどうなのか調べてみました!ベジブロスの作り方も紹介します!

なんだか意識が高いベジブロスですが、メリットとデメリットについても考えてみました!

ベジブロス、向かない野菜に大根はどうなのか?

ベジブロス

「ベジブロス」とは、野菜出汁のこと。捨ててもいい野菜の皮や根の部分を水で煮込んで出汁を取ったベジブロスが、野菜を無駄にすることなく使えて健康にも良く、美味しいと話題です。

どんな野菜にもフィトケミカル(ファイトケミカル)と呼ばれる、植物の力が含まれています。抗酸化力や美肌効果、アンチエイジング効果が期待できるフィトケミカルは野菜を加熱して野菜の細胞を壊すことによって効率よく私たちの体に取り込まれやすくなりますので、ベジブロスは理に適(かな)っているんですね!

ベジブロスの野菜

フィトケミカルは、野菜の皮と身の間、食べにくい根の部分、葉の部分など、植物が「がんばっている」部分にが多く含まれているといわれています。野菜のビタミンやミネラルがたっぷり含まれたベジブロスを活用して、健康や美容に役立てましょう!

ベジブロスに向いている野菜、向かない野菜

野菜には野菜自身を守る為に、独特な香りやえぐみを出しています。ベジブロスは野菜を加熱して煮込みますので、基本的に熱を加えると甘みの出る野菜でベジブロスを作ると、美味しく出来上がります。大根は生で食べると消化酵素の働きに期待できますが、ベジブロスの野菜に加えてもいいですね。

逆に、ベジブロスに向かない野菜は熱を加えてもえぐみや苦みが消えない野菜だといえるでしょう。セロリの葉やキャベツの芯などは、煮込むと苦くなります。ゴーヤのワタや種にも強い苦みがあります。これらのベジブロスに向かない野菜にも、フィトケミカルは含まれていますので、量を少なくして苦みが感じられないように工夫してベジブロスを作ってみると良いでしょう。

  • ベジブロスが美味しく出来る野菜…大根の皮や根や葉・人参の皮や根・パプリカのヘタ、ワタや種・玉ネギの皮(内側)・長ネギの根・かぼちゃのワタ・生姜の皮・ジャガイモの皮・サツマイモの皮・トマトの皮・枝豆のさや・リンゴの芯・キノコ類のいしずき・トウモロコシの芯やヒゲなど
  • ベジブロスに向かない野菜…セロリの葉・キャベツの芯・ゴーヤのワタや種・ピーマンのワタ・ブロッコリーの芯・カリフラワーの芯・トマトのヘタ・ジャガイモの芽など

ベジブロスは基本的にどんな野菜でも作ることが出来ますが、色が付きすぎるのを避けたい場合もあります。しかし、野菜の強い色素にも抗酸化物質が含まれています。紫色のアントシアニンやオレンジ色のカロテン、赤色のリコピンなどが植物の二次代謝産物に含まれます。捨てるにはもったいないですよね!

  • 色素が強い野菜…ナスの皮やヘタ・玉ネギの皮・紫キャベツ・紫玉ネギなど

料理に色素の濃いベジブロスを使うときは、カレーやワイン煮などの色が気にならない料理がおすすめ。野菜くずを集めるときに常温や生のままでもよいですが、冷凍した状態にすると煮出したときに野菜の細胞が壊れ、栄養素が溶けだしやすくなります。

ベジブロスの作り方

ベジブロスにも向いている野菜や向かない野菜があることがわかりました。では、早速ベジブロスを作ってみましょう!

ベジブロスの野菜

  • 用意する野菜くずの量…両手にいっぱいくらい(200g~300g)
  • 水…1000ml~1200ml
  • 日本酒…小さじ1(なくてもOK)

①大きめの鍋に材料のすべてを入れます。野菜くずは色々な野菜を混ぜることでたくさんの栄養をを煮出すことが出来ます。日本酒を少し入れることで、野菜の臭みを消す効果があります。

②弱火で20~30分ほど煮ます。野菜の灰汁にも栄養素が含まれていますので、取らなくてもOKです。一度火を止め、粗熱を取ってから強火で再度10分ほど煮出すと、さらに濃厚なベジブロスになります。

③粗熱が取れたらざるで野菜をこします。野菜は捨て、ベジブロスは冷蔵で3日、冷凍で1か月をめどに使い切りましょう。

関連記事:ぬか漬けの驚愕の効果とデメリット!食べ方について洗うか調べた!

ベジブロス、メリットやデメリットも解説!

ベジブロスには具体的にどんな効果が期待できるのかにも迫ってみたいと思います。デメリットとして考えられることについても調べてみました。

ベジブロスのメリット

ベジブロスは野菜の栄養素を得られることが出来ますが、ただ美味しいだけではなかったんです!野菜の抗酸化作用については以下の通り!

  • 老化予防
  • 美肌効果
  • 免疫力アップ

抗酸化作用とは、体内の活性酸素が増えすぎることを抑えてくれる作用のことですので、体の調子を整えるのにベジブロスは最適なんですね。ベジブロスは野菜の捨てる部分で作るので節約もできますね。

ベジブロスのデメリット

ベジブロスのデメリットとして挙げられるのは、野菜に付いているかも知れない農薬ではないでしょうか。しかし、普通に洗ってしまえば農薬は水で洗い流せますので、問題はないかなと思います。

どうしても気になるのであれば、無農薬で栽培された野菜を使ってベジブロスを作りましょう。ベジブロスが考えられたのは、そもそもオーガニック野菜を余すことなく活用するため!ですので、オーガニック野菜なら迷わずベジブロスを作るべし!

ホタテの貝殻から作られたナチュラルな洗剤もあります。農薬が気になる場合はホタテの貝殻の洗剤や料理用の重曹で洗うなど、ナチュラルな方法で対応してみましょう。

色素の濃いベジブロスでは、使える料理が限定されてしまうのもデメリットかも知れません。しかし、ベジブロスは野菜の出汁ですので、水の代わりに和風・洋風・中華風のどの料理にも使うことが出来ます。野菜の甘みと旨味で一味違った調理に挑戦してみましょう!

まとめ

  • ベジブロスに向かない野菜は苦みが強く出てしまうものだった。
  • 大根はベジブロスに向いている野菜!
  • ベジブロスは冷凍した野菜くずを使うと、栄養素が煮出しやすい。
  • ベジブロスはどんな料理にも活用できる!
  • ベジブロスのデメリットは農薬だと考えられるが、無農薬野菜を使用することで解消!
  • ナチュラルな方法で農薬を取り除いてからベジブロスを作ろう!

ベジブロスは色々な野菜の栄養素が含まれた出汁!季節ごとに旬の野菜を使ってベジブロスを作ってみるのも楽しいですね!

-季節, 植物, 生活、暮らし
-, ,

Copyright© mintsiesta , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.