グルメ 健康 生活、暮らし

ぬか漬けが酸っぱいものになっちゃった、その対策があったのか!簡単すぎる方法を伝授します!

更新日:

皆さん、健康には気を使っていますか?野菜は食べていますか?私は今、ぬか漬けにハマっています。ぬか漬けって、乳酸菌が生きていますのでお腹の調子を整えてくれるんですよ!

でも、乳酸菌が生きている分、長く漬けてしまったぬか漬けやぬか床の状態によっては酸っぱいぬか漬けが出来てしまいます。

酸っぱいぬか漬けでも美味しいですし、乳酸菌が多いだけですので問題はないのですが、好みの味に漬かっていないといくら健康的だとしても続きません。もし、ぬか漬けが酸っぱいものに出来てしまったらどうしたらいいか、対策をお伝えします!

ぬか漬けが酸っぱい!理由と対策!

ぬか漬け

夏野菜のぬか漬けは毎日食べても飽きないです、そのくらいハマってしまっています!塩分がほど良く漬かったぬか漬けは熱中症予防にもなりますしね!

でも、たまにぬか漬けが酸っぱい時ってありませんか?食べることはできるのですが、ちょっと残念な気分に…。その酸っぱいぬか漬けは、乳酸菌が原因なのです。

ぬか床の乳酸菌が増えてしまう原因は?

酸っぱいぬか漬けは乳酸菌が原因!どうして乳酸菌が増えてしまうのでしょう?乳酸菌が増える環境がいくつかありましたのでお伝えしますね。

ぬか床の適正温度

ぬか床は発酵しています。ぬか床の適正温度は20~25度です。これ以上高い温度の場所に置いているとどんどん発酵が進んでしまいます。

発酵が異常に進んでしまうと酸が出て酸っぱくなるのです。乳酸菌がたくさんあるは悪いことではないのですが、酸っぱいぬか漬けは食べにくく感じることもありますよね。

ぬか床に適性ではない温度の時は、冷蔵庫で保存することが対策になります。

大きい容器でぬか床が冷蔵庫に入らない時は、保冷剤や凍らせたペットボトルでぬか床の容器を囲んで冷やしましょう。

とにかく、ぬか床の発酵を促してしまう環境に置かないことが大事ですね。

ぬか床をかき混ぜる回数が足りない

乳酸菌は酸素を嫌うのだそうです。空気をぬか床に送り込んであげる回数を増やせば、自然に乳酸菌が増えるのを抑えられますね。

常温でぬか床を保存している場合、冬場なら一日最低1回、夏場なら最低2回はかき混ぜてあげた方が良いでしょう。

ぬか床の塩分が足りない

乳酸菌が増えてしまう原因の一つに、塩分濃度が低いことが挙げられます。

ぬか床の塩分は、野菜などの材料を漬けるたびに減っていきます。ぬか漬けを漬ける頻度にもよりますが、月に一度は塩をたした方が良いみたいです。

大体1カップのぬかに対し、小さじ1の塩を入れて調整してください。ぬかが足りなくなっていたらここで一緒に足します。

ぬか漬けの塩分がどうしても気になるという方は、野菜を切らずにそのまま漬けるのも対策の一つです。

時間を短縮して浅漬けにしたり、ぬかを落としてから水に漬けて塩抜きすることも対策として考えられます。

ぬか床が水っぽい

ぬか床が水っぽくなってしまうと塩分濃度も低くなります。水分を含んだぬか床は柔らかいので空気にも触れることも少なく、乳酸菌の異常発酵を引き起こします。

ぬか床専用の水抜き器も販売していますが、キッチンペーパーで拭き取ったり、ぬかを足したりとぬか床の水っぽさを解消してあげましょう。

他にも、乾燥した昆布やしいたけを入れておくのもオススメ!自然に水分を吸ってくれますし、出汁も出ます。

高野豆腐も乾燥しているまま入れておくと3日ほどで余分な水分を吸ってくれます。高野豆腐はそぼろにして炒めると1品出来上がりです。

酸っぱいぬか漬け…対策はコレ!

乳酸菌から出る酸が原因で、ぬか漬けが酸っぱいのですから、対策としては、酸を中和する重曹を入れることでぬか床を弱アルカリ性にしてくれます。

でも、ぬか床の量によってどのくらいの重曹を入れたらいいのか、加減がわかりませんよね…。ぬか床に対する影響が起きにくいように、重曹は少しづつ加えるようにしましょう。

最初は小さじ1杯くらいから加えてみましょう。試しに、大根の皮などの捨ててしまう部分を漬けて調整してくださいね。塩加減もどんどん薄くなってしまいますので、塩を加えることもお忘れなく!

ぬか漬けが絶対に酸っぱくならない方法は?

ぬか漬け

ここまで酸っぱいぬか漬けの対策をお知らせしてきましたが、ちょっと面倒くさい…そして捨てるにはちょっともったいない。そんな時は、酸っぱいぬか漬けを調理してしまいましょう!

  • ぬか漬け入りチャーハン…熱で酸っぱさが和らぎます。すでに塩分が入っていますので、控えめの味付けで十分です。
  • ぬか漬け入りタルタルソース…玉ねぎのみじん切りの量を半分にして、キュウリのぬか漬けをプラス。
  • ぬか漬け入りポテトサラダ…タルタルソース同様、ぬか漬けにはマヨネーズが合いますね。

絶対に失敗しないぬか床は?

ぬか漬け

ぬか床を管理するのが苦手だったり、安定したぬか漬けを食べたい方にはこの方法をおすすめします。

短時間で作りたい分だけぬか漬けを漬けられる「ぬか美人」です。

使いたい分量だけを水で溶いて、野菜などの材料をもみ込むだけ。常温で90分程度で短時間で出来てしまいます。

「ぬか美人」はこんな方にオススメです。

  • もう一品、何か副菜が欲しい、でも時短で出来るものがいい!
  • ぬか床を毎日管理するのが出来ないかも…。
  • ぬか床をダメにしてしまって、またぬか床を育てる自身がない…。
  • 安定した味のぬか漬けを作りたい。

この対策なら、酸っぱいぬか漬けが漬かることもないですし、使い切りですので衛生面にも安心!


いつでも美味しく漬かる状態にぬか床が調整されています。もむだけなのでカンタン!

ぬか漬け

ぬか漬けを始めてみたいけど、ぬか床を毎日管理できそうにないという方にも、入門編として「ぬか美人」はオススメですよ!

まとめ

  • ぬか漬けが酸っぱいのは乳酸菌が原因だった!
  • ぬか漬けの酸っぱいのを解決するには塩分を増やすこと、常温で保存しないこと!
  • ぬか漬けが失敗しない「ぬか美人」も対策としてオススメ!

美味しくて健康的なぬか漬けは、毎日続けたいもの。今回は酸っぱくなってしまったぬか漬けに関しての対策をお伝えしました。

毎日の食事の習慣化するといいぬか漬けですが、食べ過ぎると塩分過多に!ぬか漬けの塩分には気を付けて、楽しくいろんなぬか漬けを試してみてくださいね!

-グルメ, 健康, 生活、暮らし
-, ,

Copyright© mintsiesta , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.