植物 生活、暮らし

バタフライピーのシャンプー、アレに抜群の効果!効能や副作用について!

更新日:

バタフライピーってご存知ですか?タイのハーブの一つ、バタフライピーのシャンプーが何に抜群の効果を発揮するのか、お伝えしたいと思います!

バタフライピーはタイでは美容のためにシャンプーのみならず、ハーブティーとしても人気!お土産でも喜ばれるバタフライピーですが、どんな効能があるのか副作用はあるのかも調べてみました!

バタフライピーってどんなハーブ?シャンプーの効果とは!

バタフライピー

皆さんはタイに行ったことがありますか?私は1度だけ旅行で行ったことがあります。基本的にタイは暑い国なので、ハーブが豊富なんです。ハーブ好きの私には心地いい空間がいっぱいあって、楽しかった記憶しかない国です!

私がタイに行く前に、お土産について調べていて気になったハーブがバタフライピーでした。バタフライピーの特徴はなんといっても鮮やかなブルー!このブルーの正体はアントシアニンです。アントシアニンは植物の抗酸化作用の一つであるフィトケミカルですね。ブルーベリーに多く含まれていることで知られていますが、バタフライピーはブルーベリーの4.2倍ものアントシアニン含有量だといいます。

※バタフライピーのブルーはアントシアニンの一つで紫色を構成している「デルフィニディン」というらしいのですが、わかりやすくアントシアニンで書いていきますね。

バタフライピーは日本では「チョウマメ」と呼ばれています。バタフライピーはインドや東南アジアなどが原産。バタフライピーの花びらのブルーはアンチエイジング、肥満予防、白髪・抜け毛予防効果、頭皮血行促進効果が期待されています。

バタフライピーのシャンプーの効果とは

私はバタフライピーの効果を知って、タイ旅行では自分のためにシャンプーを購入!帰国して早速使ってみることに!ちなみにタイのオーガニックショップで購入したバタフライピーのシャンプーは300mlで70バーツ(250円ほど)。なかなかお手頃、もっと買えばよかった~!

私がタイで購入したバタフライピーのシャンプー「アバイブーベ」はタイの国立チャオプラヤ・アバイブーベ病院が商品開発している、オーガニックハーブ製品のブランド。タイはハーブ療法が古くから発達しています。ハーブ医療の国立チャオプラヤ・アバイブーベ病院は世界的にも有名なんです。

予想通り真っ青なバタフライピーのシャンプー。泡立つと青さはなくなり、なかなかの使い心地。オーガニックシャンプーのせいか、ノンシリコンシャンプーのようなキシキシ感がしますが、コンディショナーを使うとしっとりとまとまりのある感じに。

しかし、白髪にも抜け毛にも悩んだことのない私には、1本使ってもその効果が実感できませんでした…。でも、シャンプー自体はすごく気に入ってしまったので、またタイに行く機会があったら迷わず購入しようと決めています!

バタフライピー効能と副作用について!

バタフライピーは大きく羽を広げた蝶のような花の形をしたマメ科の植物です。タイでは「アンチャン」と呼ばれています。このバタフライピーのお茶がタイ女性のエキゾチックな美しさと関係があるので、お土産としても人気なんですね。

先に紹介したシャンプーの他にも石鹸やお茶が製品化されている、バタフライピーの効能についてもお伝えします。

眼精疲労に効果あり

バタフライピーのブルーの成分はポリフェノールの一種「アントシアニン」です。アントシアニンが豊富に含まれていますので、眼精疲労に効能があるといわれています。

私たちの目が色を認識するときや遠くのものを見て識別するとき、にロドプシンという物質が活発に動くのだそう。アントシアニンはロドプシンの動きを活発にしてくれる効果があるので眼精疲労の回復に期待できるのですね。

美白・美肌効果、アンチエイジング

アントシアニンにはシミやくすみの元のメラニン色素の沈着を抑えてくれるのだそう!しかもお肌のハリやツヤを整えるコラーゲン作りにアプローチをかけるのもアントシアニン!

つまり、バタフライピーはアンチエイジングにも一役買っているんですね!

肌の老化を加速させるのは活性酸素と言われてます。アントシアニンには抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑える効果もあり、アンチエイジングに期待できるといえるのです。

美髪効果

バタフライピーはきれいな黒髪を保つパワーがあると言われています。頭皮ケアにはバタフライピーのシャンプーとコンディショナーがいいことは私が実践済み!髪の毛の健康は頭皮からですので、優しくマッサージするようにシャンプーすれば、白髪予防・抜け毛予防にもつながります。

バタフライピーの副作用とは?

これだけいい効能があるバタフライピーですが、副作用があります。妊娠中や授乳中、月経中の女性には避けてほしいのです。バタフライピーはお茶にして体内から取り入れるのは特に避けるべきハーブでした。

どんな副作用かというと、バタフライピーは子宮の収縮を促してしまうのだそうです。それに加え、バタフライピーの花の成分には抗血栓、血栓溶解という作用もあります。抗血栓とは血を止めにくくすること、血栓溶解とは血栓を溶かす作用のこと。血液がさらさらになる作用のことです。

このことから、血液が必要な妊娠・授乳、月経中の方はバタフライピーティーを飲むことは避けた方がいいのですね。血が出るようなけがをしている方にも避けてほしいですね。

子宮収縮作用や血小板機能を抑制する作用は妊娠初期には流産の恐れもある危険なもの!バタフライピーティーは絶対に飲んではいけないものではないのですが、飲みすぎたり常飲していたら危険な作用があることも覚えておきましょう。

バタフライピーティーの素敵な飲み方!

バタフライピーティー

バタフライピーの透明感のあるブルーは印象的な色なのですが、タイではハチミツを入れて飲むのが一般的なのです。そしてレモンやライムを絞ったら…赤紫色に!色が変わってしまうお茶なんです。

バタフライピーティーのこの色の変化はアントシアニンがクエン酸に反応して変化したもの。インスタ映えすると話題ですね。ハーブティーの中でもこんな色の変化を楽しめるのはバタフライピーが一番ではないでしょうか。

日本で販売されているバタフライピーティーではレモングラスとブレンドされているものが私は好きです。爽やかな酸味のある香りのレモングラスと相性ピッタリのバタフライピー。夏はアイスでキリっと冷やして飲みたいです。

ハチミツの代わりに、ママレードジャムやゆず茶を入れると甘みの他にも酸味が加わるので、色の変化も楽しめてオススメです!

まとめ

  • バタフライピーのブルーの正体は眼精疲労に効果が期待されるアントシアニン!
  • バタフライピーのシャンプーは国立チャオプラヤ・アバイブーベ病院の開発したブランドがおすすめ!
  • バタフライピーは白髪予防、抜け毛予防に効果を期待!
  • バタフライピーの副作用は危険、妊娠中・授乳中、月経中、出血のあるけがの場合は避けよう!

バタフライピーには素晴らしい効果効能がありますが危険な副作用も!ただ、体調におかしいところがなければ1杯くらいは飲んでもいいでしょう。キレイな色のハーブティーですから、いろいろな飲み方も工夫されています。爽やかなブルーは見た目も涼し気!夏にはバタフライピーのブームがくるかも知れませんね!

-植物, 生活、暮らし
-, ,

Copyright© mintsiesta , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.