健康 生活、暮らし 美容

甘酒、その間違いだらけのダイエット方法は太る!簡単に作ろう、炊飯器でほったらかしたまま!

更新日:

優しい甘さの甘酒。ダイエット方法としても人気が高まりつつあるそうですが、間違ったやり方だと太るので逆効果です!成功する甘酒ダイエット方法をお知らせします!

ダイエット方法の他に甘酒の美容効果についても調べてみました!甘酒は栄養豊富なので積極的に習慣化させたいと思いましたのでお伝えしたいと思います。

実は簡単に作れる甘酒。家庭にある炊飯器でほったらかしたままで甘酒が出来るんです。私がいつも失敗無しで炊飯器で作っている甘酒をご紹介します!

甘酒、そのダイエット方法は太る?太る飲み方4つ!

甘酒は発酵食品です。栄養豊富で「飲む点滴」と呼ばれるほど健康的で美容にも良いとされます。実は、甘酒は江戸時代には熱中症対策として飲まれていたので、夏の季語にもなっているんです。

甘酒には大きく分けて2種類あります。

  • 米こうじの甘酒
  • 酒粕の甘酒

米こうじから作られた甘酒は、満腹感が得られるブドウ糖、脂肪燃焼を助けるアミノ酸、栄養バランスがいいので基礎代謝があげられるなどの効果があります。

米こうじの甘酒は、そのままの甘さで満足できますが、酒粕の甘酒は、砂糖などの甘味を入れないと美味しくありません。そのため、甘酒をダイエット方法にするなら、飲む甘酒の原料を米こうじのものにする必要があります米こうじだけの甘酒の作り方は後半でお伝えしますね。

甘酒のダイエット方法

では早速、甘酒のダイエット方法をお伝えしますね!次の2種類の中から選んでくださいね。

  1. 朝食代わりに甘酒200mlを飲む…朝イチで身体にエネルギーを届けられるので、代謝を上げてすぐに活動できる
  2. 毎食30分前に甘酒30mlを飲む…ブドウ糖のおかげでお腹が満たされるので食べ過ぎの防止になる

ダイエット方法のどちらを選んでも太る飲み方もあります。次のNGな飲み方と理由を参考に、ダイエットを成功させましょう!

そりゃ太るよ!NGな飲み方!

甘酒と言っても色々な飲み方があります。シンプルな甘酒なら太ることも抑えられると思いますが、砂糖やハチミツを加え過ぎるなど、ダイエット方法が間違ってなくてもNGなことはあります。

  • 甘酒に甘味を加えすぎる
  • 甘酒の量を飲み過ぎる
  • 甘酒を早飲みしてしまう
  • 甘酒を夜に飲む時、量が多い

甘酒を飲んで太る時の間違った飲み方の代表的な4つです。甘味を加えすぎてしまったり、量を多く飲んでしまうことは何となく太るような気がしますが、甘酒を飲み過ぎてしまうとどうして太るのでしょうか?

甘酒の甘みはブドウ糖。早飲みすると体内にブドウ糖が一気に入ってしまうことによって、血糖値が急激に上がります。糖を細胞に渡すために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されますが、適量なら問題はありません。しかし、大量に糖を摂取してしまうと大量にインスリンが分泌されて、細胞に糖が届けられてしまいます。

糖を受け取った細胞ですが、使い切れなかった糖は脂肪になるんです。つまり、太るんですね!ブドウ糖はすぐにエネルギーに変わりやすいのですが、摂りすぎてしまうと脂肪に変わってしまいます。甘酒を飲む時は、チビチビと飲む様に心がけましょう。

甘酒の量も200mlが適量。ダイエット方法として間食の時に置き換えるのが負担なく続けられると思います。空腹時に甘酒を飲むのも太る原因に!血糖値を上げないように飲むのが太らない飲み方です。

夜に甘酒を飲むのもオススメ。寝ている間に肌や髪の毛や爪が成長するからです。よく寝ることは美容にも良いこと!温かい甘酒を飲んで美容にも効果を実感したいですね!

しかし、日中と同じように甘酒を200ml飲んでいたとしたら飲み過ぎで太ることもお忘れなく!夜寝る前に甘酒を飲むなら半分の100ml程度にしましょう。この時も例外なくチビチビ飲んでくださいね!

甘酒は炊飯器でほったらかしたままで作れるんです!

甘酒として市販されているものを購入してもいいのですが、甘酒は家庭の炊飯器で簡単に作れます。いろいろな作り方がありますが、私が作る甘酒は米こうじだけ!炊飯器に入れてほったらかしにするだけで作る甘酒を紹介します。

米こうじだけで作るので、ご飯も砂糖も入れません。そのため、カロリーが抑えられるだけではなく失敗が無いんですね。米こうじと水だけの甘酒のレシピはこちら!

  • 米こうじ…1袋(みやここうじがオススメ!スーパーで400円以下で購入できます。)
  • 水…500ml(米こうじがふやけてひたひたになるくらいでOKです。)

米こうじはほぐして水に浸しておきます。すぐに水を吸いますが、30分くらいでOKです。水が足りないなと感じたら足しても大丈夫です。

次に炊飯器に入れてふたを閉めずに8時間保温します。表面が乾燥しない様に濡れた布巾をかけておきましょう。60℃以上になると発酵が止まってしまいますので必ず「保温」でセットします。布巾も1~2度濡らし直しましょう。

炊飯器に保温でセットしたらあとはほったらかしです。8時間たったら甘酒のほのかに甘い香りがしてきます。米こうじの発酵が進み過ぎると酸っぱくなってしまいますので注意!甘酒が出来たら発酵が進まないように冷蔵庫で保存します。

甘酒の飲み方も簡単!

出来立ての甘酒は濃いので、お湯で薄めて飲みます。米こうじの米粒が気になる方はミキサーにかけて滑らかにするのも美味しいです。一つまみの塩を入れると米こうじの甘さが引き立ちますよ。

甘酒ダイエット方法で飲む甘酒も、米こうじ本来の甘さを活かした甘酒がオススメです。甘酒を習慣化してダイエットも成功させましょう!

まとめ

  • 甘酒ダイエット方法は2種類!
  • 甘酒は間違った飲み方をすると太る!
  • 甘酒は水にふやかして炊飯器の保温で8時間ほったらかしにするだけ!

栄養豊富で飲みごたえのある、米こうじで作った甘酒。ダイエット方法を間違えてしまうと太るので気を付けましょう!炊飯器でほったらかしたままで簡単に作ってダイエットにおやつに料理にと、甘酒を活用してみてくださいね!

-健康, 生活、暮らし, 美容
-, ,

Copyright© mintsiesta , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.